アスペルガー大学院生の徒然日記

文系です。博士後期課程に在籍しています。日々の出来事を綴っていきます。

D~Fランクに在籍する大学生って?

 

    

    ▲株式会社UCSの公式サイトは画像をクリック
     *かわいいカードで、お支払いもらくちん(´ω` )/

 

D~Fランクの大学に通う学生について、不良やヤンキーのイメージをもっていました。

しかし、実際は、このレベルの大学に、そういう人はほぼほぼいません。

 

 

  ▲Honeysの公式サイトは画像をクリック
*今シーズンのお洋服はもうgetした?

 学生さんに人気のHoneysで、かわいいお洋服を見つけよう(⁎˃ᴗ˂⁎)

 

D~Fランクの大学の学生の特徴は、無気力倦怠系向上心がないだと思います。

外見としては、いたってふつうの学生、地味な学生が多いです。

 

しかし、彼らとよくよく話してみると、この方たちの向上心のなさや、自分の将来に対する抱いている希望のなさが伝わってきて、精神的につらくなりますし、退屈です。

 

D~Fランの学生は欲のない人が多い印象です。中学から着ている服で大学に登場したり、旅行にも興味のない人が多い。

アルバイトもめんどくさいからとしない人が多い。

とはいえ、深夜アニメやYou Tubeなどといった、お金のかからない楽しみ方をよく知っているため、彼らなりにEnjoyしています。

 


\いますぐ、バイトをはじめて、稼ごう♪/ 

 

  ▲プチジョブの公式サイトは画像をクリック
*忙しい学生さんも、隙間時間にお小遣いget( *´ω`* )

毎日の大学生活を充実させよう♪

 

有名大学の学生の方が、アルバイトに一生懸命な印象です。バイトで貯めたお金でファッションを楽しんだり、海外に旅行したり、サークルの飲み会でパーっと使ったりと、プライベートも充実させています。彼らには、気力ややる気があるんですよね。だからこそ、偏差値の高い大学に進学できたのではないかと思います。

 

 

一方で、D~Fランの学生は、アルバイトもめんどくさい、自分にはできないとせずに、お金がかからない遊びや、スマホをながめているだけの日々の人が多いと思います。実家が裕福ではないから、お小遣いももらえない。でも、バイトしたくない!という人がほとんどで、お金を使わなくてもいいような遊びや余暇の過ごし方におのずとなるのだと思います。(「バイトしたくないからお金使わない」と言っている学生も何人か知っています)

 

 \ゲーマーズの公式サイトは画像から/

▲▲ゲーマーズの公式サイトは画像をクリック▲▲

*あのゲームや、あのアニメのグッズがたくさんそろっているよ♪

 

常に無気力で倦怠感を漂わせている学生が多いのがレベルの低い大学の特徴だと思います。そして、親に愛されている、過保護に育てられた人も、こういう大学に多いと思います。子どもが勉強が苦手でも、親心から子どもを大学に入れたいと切望する親御さんだからこそ、D~Fランクの大学にでも学費を注ぐのでしょうね。

 

D~Fランの大学には、おしゃれでかわいい女の子はあまりいません。髪の毛も染めず、メイクもせず、中高時代から着ていた洋服で通学している子もざらです。アルバイトをしたくないので、お金をかけない、かけられないので、おのずとそうなるのだと思います。それに、自分に自信がないからなのか、おしゃれにも無頓着です。

街中で見かけないような地味な子がほんとに多いし、とてつもなくダサい子も時々目にします。オタク系が男女ともに多いです。

 

▲ギガバイトの公式サイトは画像をクリック
*卒業旅行資金や就活活動費は大丈夫?

がっつり稼いじゃおう٩(ˊᗜˋ*)و

 

D~Fランクに通う大学生のほとんどは、うつ病系だと思います。彼らは就職先にも欲がないので、スーパーやホームセンターにさらっと内定もらって、就活終える印象もあります。

 

欲がない、高望みしない、競争を嫌うのは、ある意味でいいことなのかも。彼らの良さえるのかわかりませんが、性格はおだやかでやさしいです。それが、向上心のなさや倦怠感にもつながるのかもしれませんが。

 

●Fラン大学に興味のある人に、おすすめの本です!

Fランク化する大学(小学館新書)

Fラン大学でも東大に勝てる 逆転の就活

(文系)Fラン大学の大学院の授業に参加してみた!

▲FODプレミアムの公式サイトは画像をクリック▲

*フジテレビのドラマを観て、お家時間をまったりたのしもう♪

 

Fラン(実際は偏差値48程)の大学に行って驚いたコトは、学内に掲示されている卒業生の就職先一覧表にあった、パチンコ店です!!

「パチンコ店」の前後には、飲食店やゲーセンがずらり、でした。学内に掲示される就職先一覧表には、その大学において学生のトップレベルの就職先が掲載されるはずなのですが、これはいったいどういうことなのでしょうか?と不思議でした。

 

私は、Fランの大学の大学院の授業を聴講したことがあります。学会で知り合った先生の授業を受けたくて、参加してみました。

 

Fランに足を踏み入れたわけですが、びっくりは、大学に掲示されている卒業生の就職先一覧の掲示にはパチンコ店が掲載されているだけではなく食堂に行けば、うつ病のように目が虚ろな学生が、一人、もしくは数人でスマホゲームに夢中になっていたり、目を疑う光景ばかりでした。

 

 

Fランの大学院には、学生が6人在籍していました。(意外と多い!?)

この大学の雰囲気を一言でいうと、「自立支援施設のようだな」です。

 

 

 

\隙間時間を有効活用、まずは画像をクリックして登録しよう!/

▲▲プチジョブの公式サイトは画像をクリック▲▲

*学生さんにおすすめの求人がたくさん(*´∇`*)

 

〇Fラン大学院のメンバー
・Aさん

授業中、履修生が輪になって、先生のお話を聞いているときに、突然、かばんからおにぎりを出してむしゃむしゃ食べはじめる!!何食わぬ顔、隠すこともせずに、おにぎりを食べ始めたのです。1つ食べ終わると、2つめのおにぎりもバッグから登場。

この子は、言動がいろいろとおかしく、先生が話している最中であっても、自分の言いたいことを思いついたら、割り込んで話し出して、授業をこわしてしまうところもあります。なぜか、授業中、何度も何度も、お手洗いに行く。

 

・Bくん

「社会に出るのが、自分にはまだ早い」という理由で大学院に進学したと、自ら話してくれた。出会って間もない頃に、「不登校だった」「自分は社会性が乏しいから、大学院でもう少し社会性を身に付けて就職したい」と、話された(大学院在籍中、就活は修論を理由にせず、卒業後もなお就職活動を継続中)。

先生から修士論文の手厚い指導を受け、彼の原稿は先生が加筆訂正した真っ赤な状態。誰が書いたのかわかりかねぬ修士論文

 

・Cさん

大学院には、大学で勉強をもっとしたいという理由で進学。人前だと声が出なくなってしまう。

欧米圏の文化専攻であるのに、英語が壊滅的にできず、ワンパラグラフを読むのに、数時間かかってしまう。数時間かけて読んだ英文(数行)を先生に確認を受けると、すべて間違っていると判明。論文を読むとき、なぜだか各ページの7~8割にマーカーを引く。

・Dさん

欧米文化専攻であるのに、「英語のbe動詞や冠詞がわからない」とのこと。なぜだか、責任感が異常に強く、リーダーシップを学内においてのみ発揮している。実際は、「アルバイトすら自分には務まらない」、「やりたくない」と言っていて、バイトをしなくてもいいいように節約生活(中学時代に買った服を愛用、飲み物は水道水など)をしている。

授業が始まる前に、ゼミ室の使い方を書いたA4用紙5枚ほどの原稿を音読。見る限り、ゼミ室の使い方に問題がないにもかかわらず、教員がなにかおっしゃられたわけでもないのに、「最近、ゼミ室の使い方が雑だと思います。出るときは、きちんと片付けましょう」「コンセントを使ったら、しっかり隅に寄せてください。誰か転んだらどうするのでしょうか?」(←おおげさ)といった内容を書いた原稿を教員に頼まれたわけでもないのに読み始める。(←授業妨害?)

自分が在籍している大学に誇りをもっていて、「うちの大学は優しい子が多い」「うちの大学は、いい子ばかりですよ」が口癖。

・Eさん 

留学生。周囲と関わることを避けている。常にイヤホンを耳につけている。

 

・Fさん

留学生。Eさんとおなじかんじ。

 

▲▲Honeysの公式サイトは画像をクリック▲▲

*おしゃれなお洋服をプチプライスでゲットしよう٩(*´∀`*)۶

 

〇授業の雰囲気

個性的なメンバーたちとのゼミ。正直、その環境にいるのが苦痛になりました。Fランの大学からそのまま院に進学してきた子たちだけなので、まさに大学院の授業もFランの学部と変わりません。



授業で英語のテキストを購読するにしても、本に書かれている内容に深く入り込んでいくのではなく、文法の説明がメイン。ほとんどの子(全員)が英語のテキストを全く読めないので、翻訳を手元に置いて、翻訳を眺めていました。

テキストについて議論するはずが...英語の文法についての質問ばかりが授業中に飛び交い、アカデミックな内容にまで全く発展しません。

 

学生それぞれに、各章が割り当てられて、その内容を要約し、自分の感想などを付け加えたプレゼンが求められても、自分に割り当てられた箇所の翻訳をそのまま読み上げる学生までいました。

 

 

ここが、大学院?

ここが、大学?

 

と、思わざるおえない世界。

 

自立支援施設や、就労支援施設のような雰囲気です。

 

 \登録カンタン、いますぐバイトをはじめよう♪/

▲▲ギガバイトの公式サイトは画像をクリック▲▲

 

 

この大学の学部のゼミについていうと、ゼミの時間におやつがでます。みなさんも、幼稚園生や小学生のときに、習い事のお教室や病院で頑張ったご褒美に、大人からキャンディーやチョコレートをもらった記憶があるのではないでしょうか?

 

Fランの学生は、ご褒美がないと勉強できません。

おかしがないと座っていることもできません。

 

授業前、お菓子が配られて、それを食べながら、先生や他の学生のお話を聞きます。

お菓子があると、比較的集中できるし、寝てしまう子も少なくなり、私語なども減るそうです。

 

▲▲レディースシューズブランドDESTINの公式サイトは画像をクリック

*かわいくて、おしゃれな靴がたくさんあるよ♪

 

こうした大学の学生の書く卒論のテーマは、深夜アニメJ-popといったテーマばかりです。先生の専門性なども考慮せず、自分の趣味に合ったテーマを選びます。先生の方だって、むつかしい古典や哲学書を学生に読ませてもうまくいかないと分かっているので、これはもうしかないのでしょう。

 

Fランの院の学生が書く修論のテーマも、この大学の学部の卒論と変わらないテーマで深夜アニメなどもたくさんあります。

 

Fランの大学・大学院の就職先は、ほとんどがブラックや派遣です。

 

\本、食品、ギフト、品揃えバツグン!/

▲▲セブンイレブンのオンラインショッピングサイトは画像をクリック▲▲

 

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

●大学生にお勧めの本 

               

 

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 

ボダ(境界性パーソナリティー障害)は、究極的な孤独の中で発症する

▲FODプレミアムの公式サイトは画像をクリック▲

*フジテレビのドラマを観て、お家時間をまったりたのしもう♪

 

高校時代、私は境界性パーソナリティー障害を発症しました。高校3年生の時、「先生にかまってもらいたい」という思いがあふれんばかりに出てしまい、自傷行為や、先生の気をひくために虚言に走ってしまいました。

 

先生にかまってほしいかまってほしい先生に優しく話しかけてもらいたい。先生に話を聞いてほしいという思いから、自傷行為までしてしまいました。

(毎日、どうしたら先生にたくさんかまってもらえるかばかり、考えていましたww)

 

孤独を抱えていた私、先生に些細なことを相談したら、とても親身に相談にのってくださり、それ以降も気にかけてくださるようになって、先生のぬくもりから抜け出せなくなってしまったのです。

 

 

\隙間時間を有効活用、まずは画像をクリックして登録しよう!/

▲▲プチジョブの公式サイトは画像をクリック▲▲

*学生さんにおすすめの求人がたくさん(*´∇`*)

 

私は中学時代にいじめにあい、クラスの男子からは「ばい菌扱い」され、同性の友達もひとりもいませんでした。現在ではSNSが流行していて、ハッシュタグでおなじような思いを抱えた仲間をカンタンに見つけることができます。ほんの10年前までは、SNSはここまで流行しておらず、私が高校生の時はクラスにスマホを持っている生徒が1人いるかどうかのような状況でした。そうした環境は自分の居る場所がすべてという思い込みに追い込まれていき、孤独でいたたまれない思いばかりが、募っていたのだと思います。

 

 

今の私は、人間不信に陥ってしまったため、自ら人付き合いを避け、友達を作らないスタンスです。人を信じられない。信じても裏切られるだけ。それなら、自己投資に時間をつかおうというふうに考えるようになりました。

 

しかし、中学生の時は、友達がほしかったし、ひとりでいる自分が恥ずかしかった。クラスメイトがドラマや芸能人の話題で花を咲かせていると、「私も話題についていけるのになぁ」「昨日、あの番組、私もみたのになぁ」と思いながら、ひとりで自分の席に座って、孤独な休み時間が終わるのをひたすら耐えて(待って)いました。

 

 

▲▲Honeysの公式サイトは画像をクリック▲▲

*おしゃれなお洋服をプチプライスでゲットしよう٩(*´∀`*)۶

 

中学は不登校だったので、通信制高校に進学しました。大学進学を志していたため、大学進学のための勉強に集中するため、人間不信の性格から、高校では友達をつくりませんでした。運動会や校外学習でお弁当を食べるのもひとり、そんな状況でした。高校は校則がゆるかったので、イベントの時や休み時間などは携帯でインターネットをみたり、音楽を聴いて過ごしていました。当時の夢中になっていたことは、大学進学に向けた勉強です。

 

しかし、ある日、突然、境界性パーソナリティー障害の症状が発症してしまいました。

私のことを気にかけてくれる先生に必要以上になついてしまいました。先生に、幼児のように接してもらえる、お母さんのように接してもらえることがうれしくて、たまらなかった。はじめのうちは、先生も心配してください、気にかけてくださいましたが、先生の業務に支障をきたし、他の生徒の迷惑にもなってしまったのです。

 

授業の前後に先生にお話を聞いてもらいたくて、先生に会いに職員室に頻繁に行ったりだとか、廊下で先生が教員や生徒と話していると割り込んでしまったり、あるいは毎日、毎日「相談がある」と先生の時間をうばってしまったり。そういったことが積み重なって、先生にしだいに構ってもらえなくなりました。

 

先生が職員室にいらっしゃる時でも、他の先生があえて私の対応をし「〇〇先生は、今忙しいよ」と、追い返されるようになりました。先生にも「いまは忙しい」と応じてもらえなかったこともありました。

 

高校生の私は、先生にとにかく話したくて、優しくしてもらいたくて、いっしょにいてほしくて、かまってほしいがために自傷行為をしてしまいました。ある時は、職員室を追い返された後、学校にいながら、学校に電話して電話でその先生とお話するように求めてしまいました。あるいは、教室を授業中に飛び出して、保健室に行ったり、廊下で泣いたりすることで、先生に慰めてもらおうとしたこともありました。

 

先生への依存は高3になってすぐはじまり、卒業までの1年程続き、卒業後は1度も先生に会っていません。

 

 \登録カンタン、いますぐバイトをはじめよう♪/

▲▲ギガバイトの公式サイトは画像をクリック▲▲

 

当時の私を振り返ると、ある程度は限度をもって、先生と接するべきだったと思います。限度をもって接していれば、先生ともいまでも良好な関係を築いていたかもしれません。

 

高校生の時の私は、人を拒絶しながらも、人を求めていた。人を信用できないと言いつつも、だれかを信じたい、私を信じてって泣き叫んでいたのだと思います。

 

50代くらいの女性の先生で、やさしく私の気持ちを受け入れて、あたたかく包み込んでくれる先生の優しさを知ってしまい、抜け出せなくなってしまった。求めすぎてしまった。

 

 

▲▲レディースシューズブランドDESTINの公式サイトは画像をクリック

*かわいくて、おしゃれな靴がたくさんあるよ♪

 

高校生の時の私は、じぶんの異常ともいえる言動がいつまでも、永遠に続くと思っていました。私の嵐のような感情は大学進学と同時におちつきました。よく言われているように「境界性パーソナリティー障害は年齢とともに落ち着く」は、自分の経験からもいえるとおもいます。

 

人に依存し、人に逃げられ、それでも追いかけ続ける、自分にも他人にも何ら利益の生み出さない行動に時間を費やすのは無駄だと思います。だけど、これらのことに気付けたのも、ほんとうに大学進学後です。

当時は、とにかくさみしくて、孤独で、だれかにすりよりたかった。あたためてほしくて、理性では抑えられなかったのです。

 

境界性パーソナリティー障害はとてもつらいです。自分の時間も、他人の時間も無駄にしてしまいます。

とはいえ、時間の無駄、迷惑だってわかっていても、誰かひとりの人に依存してしまい、抜け出せなくなる。それが、とてもつらいのです。

 

\お家に居ながら、楽々ショッピング♪ 本も食品も買えるよ/

 ▲▲セブンネットショッピングの公式サイトは画像をクリック▲▲

*見ているだけでも、楽しいよ♪

食品、本、ギフト...いろいろな商品が売っているよ٩(●˙▿˙●)۶

 

 

 ◆─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─◆

発達障害の方にお勧めの本

 

   

◆─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─◆

Fラン大生とマイルドヤンキーの類似性

Fランの大学生の多くは、物欲がなく、出世欲もありません。

 

数年前、生まれ育った地方から出ずに、実家や中学・高校の仲間のなかで、ゆる~く暮らすマイルドヤンキーが話題になったと思います。彼らは高い学歴、高額なマンション、子どものお受験、海外旅行、ブランドバッグ、車などには興味をもたず、少ないお金のなかでも、仲間や家族と協力し、自分の生まれ育った環境で、都会の競争社会から離れた暮らしにこそ、幸せを見出す傾向にあります。

都会に出て、サラリーマンにでもなれば、出世争いや、子どものお受験におけるマウンティングなど、ストレスも多いでしょう。

 

▲FODプレミアムの公式サイトは画像をクリック▲

*フジテレビのドラマを観て、お家時間をまったりたのしもう♪

 

Fラン大学に通う学生は、まさにマイルドヤンキーの思考と共通しているのです

彼らは、物を求めません。①アルバイトはしないし、②就活にも後ろ向きだし、③自分の外見を着飾ることにも興味がありません。ステイタスや高価な品物のために労力を費やし、それらを得るためにストレスにさらされて苦しむよりも、それらが手に入らずとも気楽に生きることを希望しているのです。


①「アルバイトなんて大変だし、疲れる」→「バイトしなくてもいいように、お金を使わないようにしよう」
実家暮らしの学生はお弁当を持参したり、水筒を持参して大学に来ます。手元に飲み物がない場合は、大学の水道の水を飲んでいる子もいます。洋服も中高時代に買ったものを着て、お金を使わないようにします。たまに、新しい洋服を買うといっても、しま〇ら、ユニ〇ロ、G〇などの格安ブランド。美容院も髪の毛が伸びたら行きます。長期休暇も、旅行なんてお金がかかる遊びはしません。You Tubeを観たり、同じ大学の友達とファーストフードやラーメンを食べに行って過ごします。

 

\隙間時間を有効活用、まずは画像をクリックして登録しよう!/

▲▲プチジョブの公式サイトは画像をクリック▲▲

*学生さんにおすすめの求人がたくさん(*´∇`*)


そこそこ有名な大学の学生だと、活動もアクティブで、居酒屋バイト、塾バイト、イベント設営のバイト、どんなバイトにも躊躇せずに飛び込んでいき、たくさん稼いで、パーッと遊んだり、海外旅行に頻繁に行く学生も多くみられます。ブランドバッグを持っている女の子、高価なブランドのお洋服を着ている女の子もちらほらみかけます。かれらには、「高価なモノを手に入れたい」というエネルギーがあるのです。物欲があって、それを獲得するために、懸命にアルバイトする姿勢は、とてもエネルギーに満ち溢れていて、若者らしいと思います。
Fランの大学に通う学生は、倦怠感がただよい、疲れやすい子が多いので、とにかくお金を使わない方向へといくのです。こうした生き方は、お金がなくても、高価なモノを手にしなくても、幸せを感じることのできるマイルドヤンキーに似ていると思います。

Fランの学生に通うある女の子と会話したいたら、都内のデパートについて「〇〇百貨店には、私達の買えるものはありませんよ」と、言われました。百貨店といっても、売られている商品はいろいろとあるので、大学生の女の子であれば、デパコスやお洋服に興味を持っても不思議ではありません。デパートとは無縁の生活、デパコス、ブランドバッグなどの輝きを知らないからこそ、あるいはもともと興味を持たない思考タイプだからなのか、それらのモノを知らないからなのか、欲しいとも思わないのです。

ある意味で、幸せといえるのかもしれません。

 

②就職活動への意気込み

Fランの学生は、中高時代に自分の能力をひしひしと実感する機会がたくさんあったことでしょう。公立の学校の場合、能力の子が集まっているため、学力、運動能力などがおのずと可視化されてしまいます。Fランの学生は、返却されたテストを友達と見せ合っても、自分の方が点数が低かった、なんてことも多々あったと思います。そうした中で、自分の能力の限界に気付き、あるいは後ろ向きな姿勢に固まってしまったと考えられます。

 

▲▲Honeysの公式サイトは画像をクリック▲▲

*おしゃれなお洋服をプチプライスでゲットしよう٩(*´∀`*)۶

 

Fラン大学には、同じような能力、思考タイプの学生が集まっていて、居心地も良いです。一方で、先輩が就活に苦労している姿もみているわけですし、そもそも自分の潜在能力について期待もしていないので、就職活動にも後ろ向きなのです。

 

有名大学に通う学生だと、夢をもって、キラキラしています。「大手一流企業に入りたい!」、「アナウンサーになりたい!」と、数パーセントの夢の確立のために、必死に努力をします。10000人くらいの応募者から、3人くらいしか採用されないような企業にもアプライするのは、自分の可能性を信じられているからだと思います。

 

Fランの学生の多くは、「大手商社に入りたい」「アナウンサーになりたい」などという夢を語る人も少ないです。多くの学生は、はじめから、中小企業しかみません。企業説明会なんて、誰でも参加できるのに、大手企業には見向きもしないのです。

 

中小企業であったり、小売、サービス業の採用試験にはじめから行き、比較的はやく内定をとる、あるいは最初から派遣などの道を選択するので、就職活動における壮絶なバトルにも参加しなくてすみます。大手企業を目指すとなると、ハイレベルな学生同士が、必死に戦うので、負けた学生は悲しくて、悔しい気持ちになるに決まっています。就活の対策などで、労力もお金も使います。

はじめから、こうした舞台に登場しないFラン生は、ある意味で傷つくこともないし、幸せなのかもしれません。

 

Fランの学生が社会人になったら、仕事内容は過酷、ストレスだからけの職場で働き、学内における離職率も高いです。だけど、Fランでできた友人たちも同じような環境で、同じような悩みを抱えているので、大学卒業後も互いに励まし合い、悩みを共有しながら生きていきます。新卒で入った仕事をやめたって、大学時代の友人でやめている子も多いし、働くつらさを知っているFラン卒業生は、仲間が仕事を辞めても責めはしません。

Fラン大学に、卒業生として遊びに来る人も多いです。

 

▲▲レディースシューズブランドDESTINの公式サイトは画像をクリック

*かわいくて、おしゃれな靴がたくさんあるよ♪

 

③Fラン学生は地味

Fランの学生は、根本的に物を求めないので、風貌もとても地味です。私は、Fランの学生は派手でちゃらちゃらした人が多いという先入観をもっていました。しかし、外見を着飾るのにしても、エネルギー、お金、自己愛がないとできないのです。

Fランに行くと、地味、よく言えば、真面目な雰囲気の子が多いと気付きます。高校生のように黒髪で、お化粧もうすく最低限、女の子であっても服装はパーカーにジーンズであったり、量販店で売っているようなスカートにユニ〇ロのトップスを合わせたり。足元もスニーカー。

外見だけ見れば、華やかに着飾った有名大学の学生の方が不真面目に見え、Fラン生はとてもまじめな印象を他者に与えることと思います。

だけど、よくよく考えてみると、有名大学の学生は能力も高いし、なにをするにも自信にあふれ、エネルギーに溢れていて、貪欲にうごけるんですよね。だからこそ、自分の外見にまで気をまわすことができるのです。

 

\大好きなあのアニメのグッズ、見ているだけで楽しいよ/

▲▲ゲーマーズの公式サイトは画像をクリック▲▲

 

Fランの大学に通う学生は、のんびりとしていて、性格のいい子が多いです。そして、お金も物もステイタスも求めないのが特徴だと思います。ある意味では、地方のマイルドヤンキーに似ているといえるのかもしれません。

はじめから、物を求めず、社会において闘わない生き方。それもある意味で、良い選択といえるのかもしれません。

Fランに通う学生は、自分たちの実力や能力をよくわかっている。だからこそ、大学で出来た友人との繋がりを大切にし、厳しい社会で傷つきながらも、港(=大学)に戻って休みながらも、社会で生きているのだと思います。

 

 \登録カンタン、いますぐバイトをはじめよう♪/

▲▲ギガバイトの公式サイトは画像をクリック▲▲

 *忙しい学生さんも隙間時間に稼いじゃおう(o^∇^o)ノ

 

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

●大学生にお勧めの本 

               

 

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 

いじめを受けていた中学時代 : 人生において一番みにくい容姿

▲FODプレミアムの公式サイトは画像をクリック

*フジテレビのドラマを観て、お家時間をまったりたのしもう♪

 

私は中学時代に、いじめを受けていました。

 

男子から「きもい」と言われ、ばい菌扱いをされていました。掃除の時に、私の机を触ることをクラスメイトが拒んだため、いつも下げられず、ポツンと余っていました(最終的に、まじめな女子が下げてくれてた)。自分の机だけ下げられず、ポツンと残っている、あるいは私の机を動かさない限り、他の机を動かせない場合においては私の机を先頭に列ごと机が残っている状況。いまでも、その光景をありありと思い浮かべることができます。

当時、こうした状況で、どう対応すればよいのかわかりませんでした。自分で自分の机を下げるのは、あまりにも惨め。かといって、ずっと机をそのままにはしておけない。掃除の時間、こんな些細なことも、感情をゆすぶり、平常心を失わせる原因でした。

 

\隙間時間を有効活用、まずは画像をクリックして登録しよう!/

▲プチジョブの公式サイトは画像をクリック

*学生さんにおすすめの求人がたくさん(*´∇`*)

 

 

 給食の配膳でも、私の配った食事は"汚いから"食べたくないという理由で「〇〇さんはやらなくてもいいよ」と言われていました。あるいは、私に食事をさわらせないために、班のメンバーが異様なまでにも素早く配膳を行い、「〇〇さんはなにもやらなかった」と責められたこともあります。

 

掃除にしろ、給食にしろ、学校生活のひとつひとつがつらかった。

たかが、掃除、たかが給食。

なのに、安心できる時間ではなかったのです。

 

▲Honeysの公式サイトは画像をクリック

*おしゃれなお洋服をプチプライスでゲットしよう٩(*´∀`*)۶

 

中学時代、男子からいじめられ、学校に友達はひとりもいませんでした。同性の友達もいなかった私ですが、当時の自分の容姿を振り返ってみると、人生でいちばん見劣りする風貌だったと思います。
体重も中高時代が最もピークでかなり太っていました。なぜか、中高時代は日に日に体重が増え続け、日ごとに服がパンパンになっていきました。体操服の半ズボンを履いた際には、ズボンがはちきれそうでホントにはずかしかったです。私服を着ても、おなかがでているのがわかってしまう程、ふとっていた。身体が重かった。


私の髪はくせ毛なので、縮毛矯正をしなければ、ぼさぼさです。前髪もうねるし、はねるし、まったくまとまりのない髪質です。とはいえども、中学時代はバイトもできず、美容院にもなかなか行けなかったので、ぼさぼさの髪型でいるしかありませんでした。(中学生でも、いつも美容院に行ける環境にある子たちがうらやましかったです)

 

肌質もニキビができやすく、いまでこそ肌にできものができることは、めったにありませんが、中高時代は肌もニキビだらけでした。母はこうしたことに無頓着で、化粧品や高価な洗顔フォームなどは買ってくれないため、どうしようもありませんでした。何度か、母がサンプルでついてきた化粧水や、ニキビケアシリーズの試供品をくれましたが、量が少なかったので、効果がなかったし、なくなっても買ってもらえないので、大事に使いすぎて、効果を発揮させることができませんでした。

(いまでも、ケア用品にお金をかけてくれるお母さんがうらやましいです)

 

 \登録カンタン、いますぐバイトをはじめよう♪/

▲ギガバイトの公式サイトは画像をクリック

 

幼い頃からかわいいものやピンクが好きなので、学校に持っていくアイテムもピンクが多かったです。当時は、ディズニーのマリーちゃんが好きで、バッグにマリーちゃんのぬいぐるみをつけたり、ペンケースもマリーちゃんのプリントされているふりふりのピンクでした。
なにを持とうと個人の自由ですが、やはり太っていてかわいくもない、おとなしい女の子が、ピンクのアイテムを愛用しているのは、周囲に違和感を与えたのかもしれないです。「ぶりっこ」「自分のことをかわいいとおもっている」などとも言われていました。

周囲から批判されるので、学校にはカジュアルなアイテムを持っていこうと思った時期もありましたが、私は頑固な部分もあるので、自分の好きな物を持って学校に通っていました。

 

私は20代半ばですが、最近の中高生は不登校でも、とってもかわいくておしゃれな子が多いという印象を受けます。髪の毛もつやつやストレートで、スタイルもよくて、かわいらしい子が多いです。

私は劣った容姿で不登校だったため、大人からも愛されもせず、かわいがられもせず、同情もされませんでした。みかたになってくれる子も学校にいませんでした。

 

当時、とてつもなく惨めな思いをしたので、現在は服や髪型に異常なまでにこだわりがあります。お値段の安い服を着られないし、お化粧をしないと出歩けない。

このようになってしまっているのは、当時の傷が癒えていないから

ありのままの自分を自分の中で拒絶していることは、中学時代から変わりません。

 

発達障害の方にお勧めの本

 

   

 

【新卒】就活において重要なのは社交性

     ▼DMM.comの公式サイトはコチラ

   

 

博士後期課程満期退学予定で就職活動をしています。

 

本日は、ブログの前半部で、文系の博士課程の学生が一般企業を新卒で受けるとどんな手ごたえなのかについて綴っていきます。後半部では、就職活動に資格(TOEIC、簿記、FPなど)は有利に働くのか、私が就活をしてみて思ったことを書いていきたいと思います。

 

私は文系の博士にまで進学してしまい、一般企業への就職は無謀ともいわれる困難な道を歩んでいます。

 

しかし、博士後期課程であっても、一般企業の新卒採用でESは通ります。面接にも呼ばれました。ESを通過したということは、企業側に雇う気が全くないわけでもないということです。採用側は就活生と会ってみて、「一緒に働きたい」と思えば、内定を出す可能性だってあると考えられます。

 

   

    ▲Honeysの公式サイトはコチラ

               *流行のお洋服がお安くgetできちゃう(人´ω`*)♡

 

しかし、私はコミュニケーション能力が低く社交性もなくはつらつとした雰囲気もないため、1次面接で落ちてしまいます。ESは比較的通過するので、博士後期課程という学歴や年齢ではなく、私の社会人スキルに問題があると感じています。

  

就活において社交性がなによりも大切だと実感したわけですが、私は学部の時に「就活において資格は有利に働くのか?」と疑問に思っていました。自分はコミュ力低いし、超高学歴に学歴も負けるし、資格でなんとかならないかと、考えていました。

 

    

     ▲ギガバイトの公式サイトはコチラ

    *手軽に働けるバイト先を見つけちゃおう(●´ω`●)

 

簿記、FP、司書検定、TOEIC中小企業診断士など、大学生でも比較的手軽に勉強をはじめられる資格はいくつもあり、このような資格は就活でポイントになるのか、疑問に思う人も多いと思います。

(私は学部時代、銀行や保険に就職したかったので、FPを取得しました)

 

これまた、就活をして分かったのですが、簿記や会計の資格をもっていても、語学のスキルを証明できても、内定には直結しないのではないかと思います。ESには保有資格を書くスペースもありますが、それはESの一角にすぎず、ほとんど目立たないくらいのスペースです。

資格があれば、面接やESでも、その資格を持っていることのアピール以外にも、努力のプロセスや、どのような経緯で資格をとろうとおもったか、資格試験に何度か落ちてしまい、それでもあきらめずに勉強して合格を勝ち取った負けん気の強さなど、多方面からアピールできる材料にもなります。

 

                              

         FODプレミアムの公式サイトはコチラ

                                *お家時間にフジテレビのドラマを観て、楽しく過ごそう♪

 

しかし、資格を題材にした素晴らしいエピソードをもっていても、最後はやっぱり、社交性とコミュ力なのです。どもりながら、言葉がかみかみで、敬語もあやふや状態で、エピソードを語っても高い評価にまで結び付きません。また、いくら身だしなみを整えて、面接に挑んでも、頼もしさであったり、元気さ、前向きさは、その場でつくられるものではないので、こうした雰囲気を日々の生活でつくっていく必要があるわけです。

          

           

           プチジョブの公式サイトはコチラ

          *就活生も安心。隙間時間にお小遣いget(●´ω`●)

 

面接官の方も「資格はもっていない」、「学生時代はサークルばかりだった」と話される方も多いです。大学や就活を終えた人たちも、資格取得はイコール内定ではないとおっしゃられる方も多いです。

私も就活をしてみて、本当にその通りだと思いました。

 

資格を持っていても意味はない、とまでは言わないけれど、資格が必ずしも有利に働くことはないと思います。

 

私は、コミュ障、非社交的なので、アルバイトも塾や採点ばかりをしてきました。居酒屋やスーパーなどのアルバイトは、いろいろな人への対応が求められるので、絶対にしたくありませんでした。

 

就活をして思ったのは、接客バイトをしている人は、敬語もすんなりでてくるし、人当たりの良さもおのずと身に付くし、面接になんらかのかたちでいきてくるということです。接客バイトをしたという事実をエピソードとして語るよりも、むしろコミュ力であったり、人当たりの良さなどの部分から、内定に繋がるのだと思います。

 

      

                     ペコリッチの公式サイトはコチラ

      *飲食店のアルバイトでがっつり稼ごう!!

 

私はとにかくひとと関わることが苦手なので、資格で武装して補おうと思った時期もありました。しかし、それは無駄とはいわないまでも、接客バイト、サークル、部活などの体験よりも、内定に有利にはたらかないと就活をしてみて気付きました。

 

やはり、結局は社交性やコミュ力なのだと思います。留学経験なども同様で、いくら留学で素晴らしい経験をしても、それらを語るコミュ力や、面接での会話力がないと評価はされない気がします。

 

          

          U-NEXTの公式サイトはコチラ

          *映画、ドラマ、アニメを観て、手軽な息抜きしちゃおう(*´∀`)

(文系)Fラン大学の学生の卒論はどんなかんじ?

 

   

    ▲Honeysの公式サイトは画像をクリック

                *プチプライスでかわいいお洋服がいっぱあい(*˘︶˘*).:*♡

 

Fラン大学の教員は、学生に手厚いサービスを提供していることはよく知られています。教員はFラン学生に対して、保育園のように細やかに面倒をみなければいけないのは有名な話です。

欠席ばかりで出席数の危うい学生には電話履修登録を一人でできない(しない)学生が多いから履修登録の個別指導卒論締め切り当日に寝坊で提出に来ない学生の対応など、など。あるいは、大学になっても、高校までのように、運動会があるところもあると聞きます。学生側の不備で履修登録に問題があったり、単位取得ができないと、親が大学にのりこんでくるケースもあると言われています。

 

         

        ▲株式会社USCの公式サイトは画像をクリック

       *自分好みのデザインでクレジットカードを作っちゃおう♪

 

Fラン大学では卒論においても、教員の指導は手厚いです。

まず、Fラン文系大学生が、どのようなテーマで卒論を書いているのかをお話します。芸術系や歴史系の学部だと、絵画、古典文学、思想家、哲学家、経済などを扱った卒論を書く学生が多いというイメージではないでしょうか。

しかし、Fランの学生はそんな難しそうでとっつきにくそうなテーマは選びません。彼らが選ぶトピックで多いのは、ディズニーやジブリ、そして深夜アニメです!!例えば、銀魂』や『ブリーチ』といった作品で卒論で書くのです!!一度、あるFラン生が卒論で扱った作品を話してくれて、その作品名が漢字5文字程のアニメだったのですが、「日本文学かなにかかな?」とその場で検索してみたら、秋葉原系のアニメだったというエピソードもあります。(タイトルは忘れましたが、数年前に流行ったアニメ)

  

         

          ▲AMNIBUSの公式サイトは画像をクリック

         *話題のアニメ、漫画の商品が勢ぞろい!見ていても楽しい♪

 

教員は、こうしたテーマで卒論を書く学生たちを指導するわけですが、その指導もとても丁寧に行わなければいけません。卒論提出1ヵ月前くらいから、学内の教室を一つ借りて、週に1度、先生とゼミ生が集まって、その場で書くのです。先生の前で書くのです。18時~21時くらいにゼミ生と教員が一緒に教室で書くスタイルです。彼らは、自分一人では卒論にとりかかろうとしないので、先生の指導下に常におかれて、卒論を書かないといけません。びっくりしたのが、教員が研究室に数人のゼミ生を入れて、先生が仕事をしている横で学生が卒論を書いている状況。提出の締め切り日が近づくと、週に1回が週に2回、3回、4回、5回と増えていき、卒論の大部分は教員の前で書いている、そんな状態なのです。優しい先生(?)は土曜日にも大学に来て、ゼミ生を自分の研究室に入れて、卒論を書かせています。

もはや、教員と学生の二人三脚です。

Fランの学生は地味で化粧っ気もなく、純朴な学生が多いため、ある意味ではかわいらしいのかも...先生は受け持ちの学生をかわいがる傾向にもあります。そのため、卒論のピーク時には、先生が遅くまで自分の目の前でがんばる学生に牛丼の差し入れをしたり、なんてのもありました。

 

大学4年生が卒業論文を執筆するにあたって、独力で出来ないからと、教員といっしょに、教員の目の前で執筆する姿はなんとも異様でした。先生が一生懸命に指導する卒論のテーマも深夜アニメなど、とても大学で扱うテーマとは思えないものばかり。

 

     

      ▲ギガバイトの公式サイトは画像をクリック

      *気軽に働いて、旅行資金、就職活動費、お小遣いをget(●´ω`●)

 

 

私の学部時代は、「卒論を書いた方が就活で有利か?」という話題によくなりました。面接で卒論の話になった際に、スマートな受け答えができるように、志望の業界と卒論のテーマを合わせる子もいました。そういう子たちをみていると、進路のことを戦略的に考えているな、と思ったものです。

ゼミの教員の専門分野に応じた卒論を書くのは暗黙の了解です。教員へのリスペクトの表れでもありますし、自分がその先生の下で学んだ内容のまとめにもなるし、先生の専門分野などで深みのある指導を受けられ、自身のためにもなります。

 

Fランの学生はすごい!!

 

             \登録カンタン♪すぐに稼いじゃおう♪/

      

       ▲ペコリッチの公式サイトは画像をクリック

      *飲食店バイトでがっつり稼ごう!!

 

卒論のテーマは、哲学の教員についていても深夜アニメ、経済の教員についていても深夜アニメ、海外古典文学の教員についていても深夜アニメ。

 

確かに、彼らに翻訳といえどもカントの『純粋理性批判』を読みなさい」、「最近の気になる経済問題を一つ選び、論文にしなさい」、「シェイクスピアの『リア王』を読んで、論文を書きなさい」と指示するのは酷なのかもしれない。卒論を出せない学生を多く出してしまうことにもなりかねません。

とはいえども、深夜アニメなどの卒論を教員がつきっきりになって指導してまで、提出する意義はあるのでしょうか。そして、就活で、卒論について聞かれたら、何と答えるえるのでしょうか?

 

     

     DMM.comの公式サイトは画像をクリック

      *コミックをとにかく読みまくる休日はいかが?

 

 

△U-NEXTの公式サイトは画像をクリック

*映画、ドラマ、アニメを観てお家時間

過去に流行ったドラマを久々に観ると懐かしい(●´ω`●)