アスペルガー大学院生の徒然日記

文系です。博士後期課程に在籍しています。日々の出来事を綴っていきます。

【中学編】アスペ、人間関係の構築が困難

私は、アスペルガーの症状があります。

 

     

     >>プチジョブの公式サイトはこちら
     *学生さん必見ヾ(*´∀`*)ノ隙間時間に稼いじゃおう♪

 

しかし、この症状は目に見えるものでもなく、あえて自分から口に出すものでもありません。

たいていの場合、「変わった人」「理解力の乏しい人」「ひとりでいるのが好きな人」と見做されます。

 

       

 

私がいちばん大変だったのは、周りの子たちも成熟しきっておらず、変わった人を排除しようとする意識の強い中学生の時でした。

中学生は年齢的にも成長段階ですし、学校の行事も多く、部活動もある中学校はほんとうに大変でした。

 

 

人間関係の構築が苦手なので、クラスではいつも孤立。

 

         

          >>AMNIBUSの公式サイトはこちら
         *アニメグッズがいっぱい!

                                      お家時間に見ているだけで、ワクワク♪

(現在は、友達をつくりたいとも思いませんが、当時は自分が孤立していることについて恥ずかしさを感じていました)

 

勉強は能力に凸凹があるため、文系の科目では良い点数をとれても、理数系が一桁の点数だったため、からかわれる(=いじめ)原因にもなりました。先生からも、理数系の点数の低さは「努力不足」だと言われてしまいました。

しかし、私としては、精一杯学んでおり、塾にも通い、宿題もしていました。

でも、どうしても理数系は理解できないのです。

 

体育の授業では、チーププレーである球技では、いつもチームの足を引っ張ってばかりだったし、運動音痴の私は一生懸命に取り組んでも手を抜いていると疑われます。そのため、体育の先生の印象もよくなく、クラスメートからの陰口を悪化させ、クラス内でのカースト制度をますます下げる原因になりました。

 

私は、入学当初から男子たちからいじめられており、ばい菌扱いや、直接悪口を言われていました。それでも、どうすればよいのかわからず、ただただ耐えるしかありませんでした。

 

 

今振り返っても、中学時代はどうしていればよかったのか答えがわかりません。

でも、同性の女の子に好かれる生活で、はつらつしていて、明るくて、かわいければ、同性の友人が守ってくれたり、男子にいじめられない雰囲気におのずとなったのかもしれない。あるいは、もう少し、クレバーでしっかりしていれば、男子からのいじめを自分で止められたかもしれない。

 

         

         >>ギガバイトの公式サイトはこちら
         *隙間時間に稼げる求人もたくさん!

                           自分の適性に合ったアルバイトをみつけよう!

 

友達がいない、部活にも参加しない、成績もよくない。

それでいて、球技が苦手で、おどおどしている中学生だったので、まわりからバカにされてばかりでした。

 

とはいえでも、あからさまな外見的特徴はない。

 

だからこそ、よりいっそう人間関係の構築が困難なのかもしれません。

 

           

           >>TSUTAYAの公式サイトはこちら

              *お家時間を楽しもう♪

 

いまでも、人を信じられないし、人間関係の構築に価値を見出せません。

人を信じても裏切られるし、表面的に笑ってるだけで疲弊するだけ、と思ってしまうのです。