アスペルガー大学院生の徒然日記

文系です。博士後期課程に在籍しています。日々の出来事を綴っていきます。

【新卒】就活において重要なのは社交性

     ▼DMM.comの公式サイトはコチラ

   

 

博士後期課程満期退学予定で就職活動をしています。

 

本日は、ブログの前半部で、文系の博士課程の学生が一般企業を新卒で受けるとどんな手ごたえなのかについて綴っていきます。後半部では、就職活動に資格(TOEIC、簿記、FPなど)は有利に働くのか、私が就活をしてみて思ったことを書いていきたいと思います。

 

私は文系の博士にまで進学してしまい、一般企業への就職は無謀ともいわれる困難な道を歩んでいます。

 

しかし、博士後期課程であっても、一般企業の新卒採用でESは通ります。面接にも呼ばれました。ESを通過したということは、企業側に雇う気が全くないわけでもないということです。採用側は就活生と会ってみて、「一緒に働きたい」と思えば、内定を出す可能性だってあると考えられます。

 

   

    ▲Honeysの公式サイトはコチラ

               *流行のお洋服がお安くgetできちゃう(人´ω`*)♡

 

しかし、私はコミュニケーション能力が低く社交性もなくはつらつとした雰囲気もないため、1次面接で落ちてしまいます。ESは比較的通過するので、博士後期課程という学歴や年齢ではなく、私の社会人スキルに問題があると感じています。

  

就活において社交性がなによりも大切だと実感したわけですが、私は学部の時に「就活において資格は有利に働くのか?」と疑問に思っていました。自分はコミュ力低いし、超高学歴に学歴も負けるし、資格でなんとかならないかと、考えていました。

 

    

     ▲ギガバイトの公式サイトはコチラ

    *手軽に働けるバイト先を見つけちゃおう(●´ω`●)

 

簿記、FP、司書検定、TOEIC中小企業診断士など、大学生でも比較的手軽に勉強をはじめられる資格はいくつもあり、このような資格は就活でポイントになるのか、疑問に思う人も多いと思います。

(私は学部時代、銀行や保険に就職したかったので、FPを取得しました)

 

これまた、就活をして分かったのですが、簿記や会計の資格をもっていても、語学のスキルを証明できても、内定には直結しないのではないかと思います。ESには保有資格を書くスペースもありますが、それはESの一角にすぎず、ほとんど目立たないくらいのスペースです。

資格があれば、面接やESでも、その資格を持っていることのアピール以外にも、努力のプロセスや、どのような経緯で資格をとろうとおもったか、資格試験に何度か落ちてしまい、それでもあきらめずに勉強して合格を勝ち取った負けん気の強さなど、多方面からアピールできる材料にもなります。

 

                              

         FODプレミアムの公式サイトはコチラ

                                *お家時間にフジテレビのドラマを観て、楽しく過ごそう♪

 

しかし、資格を題材にした素晴らしいエピソードをもっていても、最後はやっぱり、社交性とコミュ力なのです。どもりながら、言葉がかみかみで、敬語もあやふや状態で、エピソードを語っても高い評価にまで結び付きません。また、いくら身だしなみを整えて、面接に挑んでも、頼もしさであったり、元気さ、前向きさは、その場でつくられるものではないので、こうした雰囲気を日々の生活でつくっていく必要があるわけです。

          

           

           プチジョブの公式サイトはコチラ

          *就活生も安心。隙間時間にお小遣いget(●´ω`●)

 

面接官の方も「資格はもっていない」、「学生時代はサークルばかりだった」と話される方も多いです。大学や就活を終えた人たちも、資格取得はイコール内定ではないとおっしゃられる方も多いです。

私も就活をしてみて、本当にその通りだと思いました。

 

資格を持っていても意味はない、とまでは言わないけれど、資格が必ずしも有利に働くことはないと思います。

 

私は、コミュ障、非社交的なので、アルバイトも塾や採点ばかりをしてきました。居酒屋やスーパーなどのアルバイトは、いろいろな人への対応が求められるので、絶対にしたくありませんでした。

 

就活をして思ったのは、接客バイトをしている人は、敬語もすんなりでてくるし、人当たりの良さもおのずと身に付くし、面接になんらかのかたちでいきてくるということです。接客バイトをしたという事実をエピソードとして語るよりも、むしろコミュ力であったり、人当たりの良さなどの部分から、内定に繋がるのだと思います。

 

      

                     ペコリッチの公式サイトはコチラ

      *飲食店のアルバイトでがっつり稼ごう!!

 

私はとにかくひとと関わることが苦手なので、資格で武装して補おうと思った時期もありました。しかし、それは無駄とはいわないまでも、接客バイト、サークル、部活などの体験よりも、内定に有利にはたらかないと就活をしてみて気付きました。

 

やはり、結局は社交性やコミュ力なのだと思います。留学経験なども同様で、いくら留学で素晴らしい経験をしても、それらを語るコミュ力や、面接での会話力がないと評価はされない気がします。

 

          

          U-NEXTの公式サイトはコチラ

          *映画、ドラマ、アニメを観て、手軽な息抜きしちゃおう(*´∀`)